学ぶと働くの重なるところ

教育・研修プランナーとして、宮崎県日南市を拠点に活動する川原祥子のブログ

活動紹介

現在携わっている活動やプロジェクト、および過去に携わった活動・プロジェクトのご紹介

まちのジョブシャドウイングin日南・串間

ジョブシャドウイングはキャリア教育の1つで、中高生が働く大人に影(シャドウ)のように密着し、働く様子について観察するものです。働く個人に密着し、その働く様子や姿勢を観察することで、生き方や働き方について考えてもらうのが目的で、その点でインターンシップや職場体験とは異なります。すでに国内外で実施されているこのプログラムを、日南市・串間市で実施するプロジェクトを立ち上げています。
※WEBサイト準備中

2050未来教育研究所

グローバル化と人工知能の進化が進む2050年の世界を俯瞰・予測し、現在の学生が活躍するための方法、さらに次世代に向けてさらなる教育の仕組み作りや、新しい教育方法、教育サポートの研究・提言を行う研究所。コンピテンシー教育の推進、不平等のない評価システムの構築、テクノロジー × プラットフォームを通じた個別教育の実現などに取り組んでいます。
2050未来教育研究所

ウェブマガジン『ひみつ基地』

子どもや若者の支援に関する様々な情報を毎月紹介するウェブマガジン。教育や福祉などの各分野の実践家が記者となり、それぞれの現場から見えるリアルな状況や専門的な知見を伝えています。
私も教育の実践者として、創刊当初より年数本の記事を書いています。
ひみつ基地

▼過去に携わった活動・プロジェクト

NPO法人夢職人

子どもや若者がつながり、学び合い、成長していくためのコミュニティづくりを行うNPO団体。主には小中学生を対象に、年8回のキャンプ(宿泊プログラム)や、デイプログラムを通じて自然体験活動、スポーツ・レクリエーション活動、文化・芸術活動などの体験機会を提供しています。
私は、2010年9月よりボランティアスタッフとして参画。現場で子どもたちと一緒に活動するほか、一時はコミュニティマネージャーとしてスタッフの採用・育成・研修を担当し、スタッフ研修の企画・運営やマニュアル作成、ワークショップの実施を担当しました。
NPO法人夢職人

WEEKDAY CAMPUS VISIT

高校生が「普段の大学の授業」に参加し、大学生と一緒に授業を受ける進路発見プログラム。入学後のミスマッチの問題を背景に、オープンキャンパスや模擬授業のような着飾られた大学の姿ではなく、「普段着の大学」を知ってもらうために企画。授業受講の前後にガイダンスと振り返りワークを行うことで、大学での学びや、自分の進路についての気づきを深めていきます。
私は事務局責任者として立ち上げに携わり、2013年4月の開始から3年半程で開催大学数50校以上、延べ参加者数1万人超の事業になりました。
WEEKDAY CAMPUS VISIT

日本中退予防研究所

大学・短大・専門学校といった高等教育機関の中途退学者は年間およそ6万人。中退をきっかけに社会的弱者へ転落する若者を減らすため、大学・短大・専門学校からの「中途退学予防」にフォーカスし、コンサルティング・研修などのソリューションの開発や提供、そのベースとなる基礎的調査研究を行う研究所です。
私も一員として、個別大学における中退要因の調査分析、中退予防施策の策定・実行支援、初年次ゼミのカリキュラム構築等に取り組みました。
日本中退予防研究所

トキワ荘プロジェクト

若手漫画家に特化したクリエイター支援プロジェクト。本気でプロの漫画家を目指す若者に、東京で低家賃住居(シェアハウス)を提供しています。2006年に活動を開始し、これまでに400名以上が入居、80名以上がプロデビューを果たしています。
私は、マンガ雑誌や新人賞の情報を集めたポータルサイト「マンナビ」を担当。インタビュー記事やコラムなどのコンテンツ作成や、イベント等を通じた漫画関連会社・編集部に対する、新人漫画家との接点づくり支援などを行いました。さらに、京都市より委託を受けた「京都国際漫画賞2017」や「マンガ出張編集部@京まふ2017」の運営にも携わりました。
トキワ荘プロジェクト
マンナビ

NPO法人アイセック・ジャパン

世界126の国と地域で海外インターンシッププログラムの運営をする世界最大級の学生組織。
私は大学在学中の4年間に渡って活動し、3年次には大学支部の代表を務め、4年次にはアイセック・ジャパンの事務局にて各支部の支援・研修等を行いました。
NPO法人アイセック・ジャパン