学ぶと働くの重なるところ

教育・研修プランナーとして、宮崎県日南市を拠点に活動する川原祥子のブログ

学生のうちに経験しておいた方が良いのは、思い切り泣き、笑い、怒ること

| 0件のコメント

学生のうちにやっておいた方が良いことは何ですか?
学生と接する機会のある社会人であれば、一度は聞かれたことのある質問だと思います。

私も色々答えてきましたが、何をやった方が良いかなんて、結局はそれぞれ。
とは言え、それでは無責任すぎる気もしたので、表現の仕方を変えたら提案できるんじゃないかな、と思って新年度記念に考えてみました。
書いてあることはすごく当たり前のことですが、それを自分の経験として持っているかどうかは違うのでは、と思います。

1.寝食を忘れて夢中になった経験

2.誰かと対立した経験

3.誰一人知っている人がいない環境で生活した経験

4.ものすごく頑張った結果、上手くいった経験

5.ものすごく頑張ったのに、上手くいかなかった経験

6.チームに貢献した経験

7.誰かに助けてもらった経験

一つひとつ補足しようかと思ったけど、これらの経験によってどんなことに気付き、どのように次に生かすのかも人ぞれぞれだなと思ったので、補足はやめました。
この7つは思い付きなので、他にも色々あると思いますが、思い切り泣いたり、笑ったり、怒ったり。そんな気持ちにつながる経験をたくさんしておいた方が良いのではと思ったのでした。


コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください