一つひとつの言動の重さ

ゴールデンウィークがあっという間に終わってしまいました…
3日間は夢職人のキャンプ、最後の一日はお休みで夢職人の仲の良いスタッフ何人かと横浜で遊んでいました♪

メインのキャンプを振り返ってみると、子どもたちと接するときの一つひとつの言葉や行動って本当に気が抜けないな、と思った3日間でした。

何を良しとし、何を駄目とするのかは、周りの大人にかかっているということ。
ちょっとした一言も含めて矛盾があっちゃいけないし、全スタッフで共有されてないと子どもたちには響かないのです。

もしルールを守らないとか、指示待ちになってしまって自分たちで動いていないとかがあるなら、そうさせてしまっているのは周りの大人じゃないか、ということも言われました。

そう言う私は元気な子どもたちについていくだけで、もうへとへと。
あまり休んだ感のある休日ではなかったので、何とか今週末で回復を図りたいと思います。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください