暮らすと働くの重なるところ

暮らしにも、仕事にも満足している人ってどれだけいるんだろう?これからの時代、良く生きるためにはどうキャリアを重ねるのがいいんだろう?東京で学ぶと働くを探求したので、さらに暮らすを探求すべく宮崎県日南市へ移住しました。

生活のしやすさを比べてみた

| 0件のコメント

こんばんは。移住して3週間ほどほどが経ちました。
先日の台風も大きな影響を受けることなく、元気に暮らしています。

そんな今日は「東京に比べて不便か?」ということについて。
結論から言えば、今のところそんなに不便じゃないんですよね、これが。

スーパーも、ドラッグストアも、ディスカウントストアも、100円ショップも、家電量販屋も、ホームセンターもある。
Amazonも翌日には届くし、これだけあれば日常生活には困らないのでは、と思います。

もちろん、車がないと不便極まりないのは間違いありません。
だけど、「車生活を送れる」というのは逆に便利だなーと。
日用品を買い込んだときとか重いですからね。洋服も結構かさばるし。

むしろ東京にいたら「車生活が送れない」とも言えるな、と思いました。
駐車場代は高いし、出かけた先で駐車場を探すのも大変。
試しに前に住んでいたところ周辺で月極駐車場を検索してみたら、徒歩15分かかるような遠いところにしか空きがなさそうで、しかも月3万~5万くらい。こっちなら部屋が借りられそうです。

一方で、生活コストが下がるかと言われると、物価はほとんど変わりませんし、そもそも一人暮らしにかかる生活費なんてたかがしれているので、支出が半分になる、なんてことはきっと起きません。
(もちろん、お金の使い方は変わるので、そういう意味で出費は多少変わると思いますが…)

ただ、コストはやや下がる程度でも、1.5倍くらい良い生活を送れている感じです。
例えば家だったら、家賃は東京のときから下がったのが3万程度だとして、でもバス・トイレ・洗面所別になって、駅からもすごく近くなっている、みたいな。
同じくらいの部屋に東京で住むなら、当時の家賃プラス3万は必要だったかな、というところです。
あとはよく言われることですが、食べ物もすごく高いお金を払わなくても、美味しいものが食べられるとか、そういう点で良い生活、と表現してみました。

だからこそ、改めて仕事においてこれだけ差があることが不思議でならない。
その辺りはこれから考えていきたいと思います。


コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA