暮らすと働くの重なるところ

暮らしにも、仕事にも満足している人ってどれだけいるんだろう?これからの時代、良く生きるためにはどうキャリアを重ねるのがいいんだろう?東京で学ぶと働くを探求したので、さらに暮らすを探求すべく宮崎県日南市へ移住しました。

29歳になりまして。

| 0件のコメント

こんばんは。
何だか祝ったり、祝われたりが気恥ずかしい微妙な年齢になってきましたが、とにもかくにも本日で29歳になりました。
29歳って、もはや20代という感じもしないし、かと言って30代ではないわけで、すごく微妙な年齢ですね。

そんなこんなで、20代もいよいよ最後。
社会人になってからはずっと、若い=未熟とみられるのが嫌で、早く大人になりたいと思っていましたが、いざ30代を目前にしてみると、こんな私が30代になるなんて早いのでは、と内心びびっております。。。

一方で、これまでの29年にやり残しや後悔があるかと言われれば、反省やその時のちょっとした後悔はあっても、今に引きずっているような後悔はありません。
そういう29年間を過ごしてこれたというのは、とても有難いことだな、と思います。

余談ですが、私は中高生のときは絵に描いたような中二病で、世の中をナナメに見るのがかっこいい、みたいになっていたので、30歳になる前に死にたいな、と思っていました笑。
小・中・高・大と数年おきにステージが変わっていく中で、社会人になると急に何十年も同じ仕事をやるようになるなんて、すごくつまらない、数年も働けば飽きてしまうだろう、というのが理由です。
だから死にたい、という発想がいかにも中二病なのですが、かと言って本当に同じ仕事を社会人になってからずっとやっていたら、私の性格からすると飽きてはいたかもしれません。
実際には、世の中も仕事もすごいスピードで変化していて、その中でどんどんチャレンジをさせてもらえているので、死にたい気持ちになることもなくて、本当に良かったなと思います。

そんなこんなで、この1年、どんな1年にしましょう。

2016年の目標は、「根を張る」でした。
ただ、先月に西日本支部を立ち上げ、新しい展開が見えてくる中では、そんな悠長なことも言っていられないように思えてきました。
根を張るのはもちろん、幹を太らせ、葉を生い繁らせることも、同時にやっていかなければなりません。
一人でできることをどんどん増やしていかなければいけない、一方で、自分を主体にしつつ、必要なときに必要な人に力を借りれるようにならなければいけない、そんな一年です。

まだ20代、という扱いで、知らず知らずのうちに甘やかされていたこともあったかと思います。
20代の割に頑張っているね、みたいなことも、30歳を超えれば言われなくなるでしょう。

仕事のこと、それ以外の活動のこと、インプット、アウトプット、課題は山盛りなのでそれらにも取り組みつつ、
基本的なこと(規則正しい生活とか、部屋を片付けるとか、自炊をするとか、期限を守るとか、、、)を改めてしっかりやりたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。


コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA