暮らすと働くの重なるところ

暮らしにも、仕事にも満足している人ってどれだけいるんだろう?これからの時代、良く生きるためにはどうキャリアを重ねるのがいいんだろう?東京で学ぶと働くを探求したので、さらに暮らすを探求すべく宮崎県日南市へ移住しました。

西日本支部のディレクターになりました!

| 0件のコメント

こんばんは。
今日から2月。あっという間に1月も終わってしまいましたね。
そんな今日、NEWVERYは2つのリリースを出しました。

●NPO法人NEWVERY、西日本支部を設立
-西日本での活動基盤を整え、大学・高校・企業・自治体との連携を推進-
http://www.newvery.jp/home/5308.html

●高大接続事業部ディレクターに、倉部史記氏
– 西日本支部の設立と合わせて、高大接続分野での活動を全国展開する体制を強化 –
http://www.newvery.jp/home/5312.html

ということで私は高大接続事業部のディレクターを辞任し、新しく立ち上がる西日本支部のディレクターを務めることになりました。

奇しくも、ちょうど今日はNEWVERYに入って4年目に突入という記念すべき日。
入職した日は昨日のことように思い出しますが、一方でこの3年間の事業・組織の拡大を考えると10年くらい経っていてもおかしくないのではないかと思うほど、目まぐるしいものでした。
そんな中、このような形で4年目を迎えるのはとても不思議な感じがします。

今取り組んでいるWEEKDAY CAMPUS VISITの立ち上げからも3年、高大接続事業部として独立してからは2年1か月が経ちました。
こんな若輩者に一つの事業を任せていただき、こうして育てていくことができたのも、この3年で出会ったあらゆる方々のお陰だと、つくづく思います。
このような場で恐縮ですが、深く御礼を申し上げます。
(こういう、「皆さまのお陰!」のようなお決まりのくだりは好きではないのですが、こうして今があるのは本当にそれ以外に考えられないので、こう書くしかありません。。。)

この西日本支部の立ち上げは、私にとって2つのチャレンジがあります。

1つめは、首都圏以外への拡大。
NEWVERYはこれまでも全国に連携しているパートナーがいましたが、今後はさらにその展開に力を入れていくことになります。
もともと熊本から東京に出てきて、様々な情報や機会の格差を感じたのが、私が教育に携わる原体験ですので、特にWCVが首都圏に偏っている状況というのはとても不本意なものでした。
まずは大阪・京都・兵庫・福岡などの都市圏から始めていくことになると思いますが、こうして一歩を踏み出せたことはとても嬉しく感じています。

2つめは、自分でイチから作るということ。
WEEKDAY CAMPUS VISITも立上げから関わってきましたが、当時は高校教育にも大学教育にも全く関わっていないところから始めたので、NEWVERY理事長の山本さんやWCVディレクターの倉部さんの想いをとにかく汲み取ってをカタチにする、という仕事でした。
しかし今回は、自分が触れてきた高校や大学、知識や情報に基づいて、もっとベースのないところから仕組み作っていくことになります。
NEWVERYにある様々なノウハウをどう西日本の教育機関に還元できるのか、考えるべきことは山ほどあります。

つまり、とっても自由で、やりがいがあって、すごく大変な仕事、ということです笑
そして、私はとにかくそれにわくわくしています。

これまでやってきた高大接続事業部にも一メンバーとして関わりながら、西日本支部を立ち上げるということで、しばらくは東京と関西・福岡などを行ったり来たりする生活になると思いますが、今後もよろしくお願いします!


コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA